プレスリリース・小冊子ダウンロード

プレスリリース・
小冊子ダウンロード

制作・キャスト

アニオー姫(玉華姫)

Wキャスト/名で並べるアルファベット順(ベトナム式)

総監督 本名 徹次

アニオー姫
ダオ・トー・ロアン(ソプラノ)

タイグエン省出身。多才なソプラノ歌手で、オペラのみならずベトナム伝統音楽・民謡、ポップスなど様々なジャンルの音楽を演奏。国内外のイベントでソリストとして活躍。
2006年から歌の勉強を始め、2012年ドイツへの留学奨学金を獲得。2016年ベトナム国立音楽院演奏専攻音楽修士号を取得。チャン・ティ・ゴック・ラン准教授指導のもと、ノルウェー、オーストラリア、カナダの教授からも学ぶ。
受賞歴:ベトナム全国歌唱大会・サオマイ第1位(2011)、オスロ・オペラハウスでのLidalNorth国際オペラワークショップ第1位と観客賞(2014)、シンガポール・リリック・オペラ- ASEANボーカルコンペティション第1位(2018)、ベトナムオペラコンクール第2位、ドゥオン・チン・サイン歌唱大会金賞(2019)、アメリカ国際オペラコンクール第3位(2021)

作曲 チャン・マィン・フン

アニオー姫
ブイ・ティ・チャン(ソプラノ)

タイグエン省出身のソプラノ歌手。チュン・キエン教授兼人民アーティスト指導のもと、2018年ベトナム国立音楽院声楽演奏専攻修士課程修了。
2013年からベトナム国立オペラバレエ団でオペラ歌手として活躍。ソリストとしても多くのコンサートに参加。オペラでは「コジ・ファン・トゥッテ」ドラベラ、「ブエノスアイレスのマリア」マリア、「カルメン」フラスキータ、ドー・ニュアン作曲「グオイ・タック・トゥオン(彫刻家)」ホ・ヌオン、「レ・ミゼラブル」ファンテーヌなど大役を演じる。また、韓国、タイ、ロシアでのベトナム文化スポーツ観光省の芸術イベントにも多数出演。
受賞歴:全国プロ音楽舞踊大会金賞(2021)、タイグエン放送歌唱コンクール第2位(2010)、全国歌劇室内楽歌唱コンクール参加賞(2019)

荒木 宗太郎

Wキャスト/苗字で並べるアルファベット順(日本式)

演出 戯曲 作詞(日本語)  大山 大輔

荒木宗太郎
小堀 勇介(テノール)

福島県出身。国立音楽大学声楽専攻ならびに同大学院声楽専修オペラ・コースを首席で修了。新国立劇場オペラ研修所第15期修了。第16回東京音楽コンクール声楽部門第2位。第88回日本音楽コンクール声楽部門第1位等入賞多数。文化庁新進芸術家海外研修制度にてボローニャを拠点に留学。ペーザロのアカデミア・ロッシニアーナ2016、ルーネンバーグのロッシーニ・オペラ・アカデミー2016を修了し、指揮のA・ゼッダ氏から薫陶を受ける。チロル祝祭歌劇場にて「アルジェのイタリア女」のリンドーロ役でヨーロッパ・デビュー。帰国後はびわ湖ホール「連隊の娘」トニオ役を皮切りに、藤原歌劇団公演「チェネレントラ」ドン・ラミーロ、日生劇場公演「愛の妙薬」ネモリーノ等に出演。日本ロッシーニ協会会員。

作詞(ベトナム語) ハー・クアン・ミン

荒木宗太郎
山本 耕平(テノール)

鳥取県出身。東京藝術大学大学院首席修了。イタリアにて研鑽を積む。イタリア声楽コンコルソ・ミラノ大賞部門第1位、日伊声楽コンコルソ第1位及び歌曲賞等多数受賞。
オペラでは、二期会「ドン・カルロ」タイトルロール、「リゴレット」マントヴァ公爵、宮本亞門演出「金閣寺」柏木、「ルル」アルヴァ、日生劇場「カプレーティとモンテッキ」テバルド等次々と大役を演じ、いずれも好評を博す。コンサートソリストとしても「第九」をはじめ、バッハ「ロ短調ミサ」、ロッシーニ「小荘厳ミサ曲」等で高い評価を得ており、「NHKニューイヤーオペラコンサート」、「ららら♪クラシック」、「東急ジルベスターコンサート」等メディアへの出演も多い。
「Mi manchi」「君なんか もう」の2枚のソロアルバムをリリース。2013年CHANEL Pygmalion Days ARTISTS。米子市首都圏観光大使。とっとりふるさと大使。二期会会員。